団体概要

団体名:にっぽんネウボラネットワーク研究所
Nippon Neuvola Network Laboratory:通称NNN)

設立年月日:2017.3.16

代   表:榊原久子

新渡戸文化短期大学生活学科児童生活専攻 准教授

元和光市南子育て世代包括支援センター(和光版ネウボラ)施設長

社福)つばさ福祉会 法人理事 世代包括事業統括 保育園版ネウボラCN

日本赤十字社助産師学校・秋草学園短期大学・岡崎女子大学・川口短期大学・非常勤講師

東京都保育士キャリアアップ研修 講師

臨床発達心理士・保育士・幼稚園教諭第1種

著書:・「対話」から始まる切れ目ない支援ーわこう版ネウボラ・子育て世代包括支援センターの取り組み  「発達」146号 ミネルヴァ書房 2016 

  ・「わこう版ネウボラから保育園版ネウボラへ~子育て世代包括支援の現場から見えてきたこと」チャイルドヘルス Voi.21 No.2 2018 医療と治療社

  ・「子どもの育ち合いを支えるインクルーシブ保育」大学図書出版 2018


副代表:高祖常子 

育児情報誌miku編集長

NPO 法人ファザーリングジャパン理事

NPO法人全国虐待防止ネットワーク理事

NPO法人子どもすこやかサポートネット理事

保育士・幼稚園教諭第2種・社会教育主事(任用)


副代表:棒田明子

3・3・産後プロジェクトリーダー 
NPO法人孫育て・ニッポン理事長 
NPO法人ファザーリングジャパン理事

関東学院大学非常勤講師
研究協力

2011年~ 住民主体のソーシャルキャピタル形成活動プロセスと支援体勢に関する介入の実証研究(研究所属機関 国立保健医療科学院)

2014年~ 地域子育て支援事業モデルに関する研究-日本型ドロップインセンターの開発-(研究所属機関 関東学院大学)


■研究員
小原倫子(岡崎女子大学こども教育学部准教授 臨床心理士・臨床発達心理士)
萩原直美(日本赤十字社助産師学校 教務主任 助産師)

田中美賀子(亀岡市 子育て世代包括支援センターBecome施設長)

松山由美子(新潟市 はっぴぃmamasはうす施設長 保健師)

 

■アドバイザー
佐藤 勇(よいこの小児科さとう院長小児科医)
兼本浩祐(愛知医科大学 精神神経科医)
山口直人(心身障害児療育医療センター小児科医)
大橋博樹(多摩ファミリークリニック院長 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医
                  一般社団法人 全国妊娠相談SOSネットワーク 助産師)