──お知らせ─────────────────────────────


私たちは

これから親となる人。そして親となった人の

・生活をつくること

・子育てをする力をつけること
・人と人をつなぎ、制度と地域と人をつなぐこと 

をコンセプトに。

未来につなぐ「日本版ネウボラの知識と理論と実践の見える化」を目指し

ここに「にっぽんネウボラネットワーク研究所」を設立します。

                       代表 榊原 久子

                                                                               副代表 高祖常子 棒田明子



ロゴに込めた思い


「温故知新」

 ~古を知り 新しい知恵と価値を生み出していく〜
 日本版ネウボラの要のひとつが"ここにある”と考えています。

 

 
ロゴのモチーフは、麻の葉
そこで、ロゴのモチーフには、昔から子どもの健やかな成長の願いを込め、
産着などによく使われていた「麻の葉」にしました。麻の葉は成長が早く、魔除けの意味もあります。

また、この柄には「どんどん組み合わせて、増えていく」「埋め尽くす」「無限の繰り返し」という意味もあり、まさに私たちが目指す日本版ネウボラを表現しています。


ネウボラとは

フィンランド語で「アドバイスの場」という意味で、フィンランドには、妊娠した時から出産・育児・生活にいたるまで「ネウボラおばさん」と呼ばれる医療と福祉の専門家にサポートしてもらえる制があります。

生活に根差して。子育てているからこそ、うまれがちな不安や心配を、具体的な安心に変えていく。

ネウボラという制度は、お子様と家族を支える地域のセーフティネットです。